孤天・ボクダンス

b0164439_0255775.jpgb0164439_026285.jpg

孤天 第二回 「ボクダンス」
09年12月3日(木)~7日(月)

051.gif 孤天とは要するに、面白い一人芝居みたいなもんです



051.gif 日程(五日間、7ステージ)

 ・12月3日(木)―19:30
 ・12月4日(金)―19:30
 ・12月5日(土)―15:00 / 19:00
 ・12月6日(日)―15:00 / 19:00
 ・12月7日(月)―19:30


051.gif 料金

  前売り 1800円    当日 2000円


051.gif 会場

  APOCシアター (小田急線千歳船橋駅から徒歩二分、1Fがカフェ、2Fが劇場です。)
  
  〒156-0054 東京都世田谷区桜丘5-47-4 TEL:03-6321-7690
  →地図


051.gif キャスト・スタッフ

  【作・演出・出演】 川島潤哉

  【舞台監督】 伊藤淳二
  【照明】 森田祐吏
  【撮影】 小畑美史(ダイヤグラムデザイン)
  【チラシ】 コガ・川島潤哉
  【制作】 鈴木光恵
  【企画】 川島潤哉
  【協力】 コマツ企画 krei inc.



◆あらすじ・内容

「ボクダンス」

「踊り」を観にいく。ただ人が踊っている。躍動感、高揚感、人間の身体の不思議、云々。
ダンサーは、そんなものを見せるために、踊っているのだろうか。
違うだろう。たぶん。でも、それしか、「踊り」を観た自分に残らないことがあるだろう。

そんな誤解は、言葉を持たない「ダンス」にだけ、生じるものなのか。


「踊り」と、人への理解度でいえば全く対局にある、自分にしかわからない話であるところの、
「自分の伯父さんの話」を絡めてみる。


前回同様、一人による複数役を軸に、クダラナイ感じでやってみる。
しかめつらして観る作品ではありません。基本的にクダラナイです。念のため。
[PR]

by koten_koten_1 | 2009-09-16 01:04 | ◆コテン(1~5)